社歴

ゼロからの旅立ち

昭和43年 横浜市、協栄工業に於いて配管工事に従事する。
(主にボイラー廻り配管、特殊ガスの配管を施工)
昭和46年 溶接工として市原市、産業開発㈱に勤務。
(京葉コンビナートの配管、溶接を施工)
昭和48年 独立し産業開発㈱の下請をする、3名で川崎の日新理化増設工事従事。
昭和49年 千葉市、大新化工㈱の下請を5名で始める。
(川鉄千葉製鉄所内の各種配管工事を施工)
昭和56年 3月資本金200万円で「有限会社 筑紫管工」を市原市五井で設立。
※建設業管工事の許可を戴く※
㈲小山配管工業所様の下請として、川鉄千葉、宇部興産、東洋合成工業で配管工事を施工)
昭和61年 福井電機㈱様との取引を開始。(日立製作所茂原工場内の配管工事を施工)
昭和62年 ㈱ヤマナカ様との取引を開始。(本社工場にて各設備の油圧配管工事を施工) 
平成元年 ㈲斉藤工務店様との取引を開始、日立制作所茂原工場内配管工事施工。
平成3年 事務所を市原市山田橋1-4-9に移転。
平成4年 荻作に加工場を設置する。(福井電機株様から安全管理の表彰を受ける)
明正工業様との取引を開始。(主にゴミ焼却場、浄水場の配管工事を施工)
平成5年 資本金を500万円に増資。
富士電機工事㈱様との取引を開始。(簡易発電設備の配管工事を施工)
日立製作所茂原工場でV1建設始まる。
平成7年 川崎重工業様から安全管理の表彰を戴く。
平成8年 宇部興産㈱様との取引を開始。(千葉工場内に常駐し主に配管業務に従事)
日立製作所茂原工場でV2建設始まる。
日立プラント建設㈱様、山九プラント様との取引を開始。
日立プラント建設㈱様から工事施工技術に対する感謝状を戴く。
平成9年

角丸工業㈱様との取引を開始。(特殊ガス配管を施工)
東洋合成工業㈱様との取引を開始。(本社工場始め各種配管工事を施工)
宇部興産㈱様から安全管理の表彰を戴く。

平成10年 荻作にステンレス加工場を設置。
日管㈱様との取引を開始。(船橋食品コンビナートの配管工事を施工)
平成11年 資本金1,000万円に増資、「株式会社 筑紫」に社名及び組織変更をする。
市原市の入札に初参加する。
平成12年 日立製作所茂原工場でV3建設工事始まる。
日立プラント建設㈱様から工事施工技術に対する感謝状を戴く。
平成13年 宇部興産㈱様から安全管理の表彰を戴く。
日立プラント建設㈱様から工事施工技術に対する感謝状を戴く。
平成14年 株式会社 筑紫のホームページの立ち上げる。
平成15年 協和建設工業㈱様との取引を開始
古河電気工業㈱様との取引を開始
日立プラント建設㈱様から優良作業所賞(ヒゲタ醤油㈱銚子工場作業所)を戴く。
平成16年 三河事業所を立ち上げる。
日立プラント建設㈱様から優良作業所賞(ナノ研)を戴く。
平成17年 日立プラント建設㈱様から技術協力会社に認定される。
IPS工場建設始まる。
平成18年 日本板硝子㈱様との取引を開始。
㈱日立プラントテクノロジー様から優良作業所賞(IPSα)を戴く。
平成19年 アイシンAI工場空調施工。
㈱日立プラントテクノロジー様から技術協力会社に認定される。
平成20年 アイシンAI工場空調施工。
㈱日立プラントテクノロジー様から技術協力会社に認定される。
平成21年 ㈱日立プラントテクノロジー様から優良作業所賞(中外製薬)を戴く。
平成22年 ㈱日立プラントテクノロジー様から優良会社賞(エムセテック)を戴く。
㈱日立プラントテクノロジー様から優良作業所賞(エムセテック)を戴く。
宇部興産㈱様から安全管理の表彰を戴く。
平成27年 DIC㈱様との取引を開始。
新日本製糖㈱様との取引を開始。
本社を市原市東国分寺台4-2-17に移転。